BUFFALO バッファロー ハードウェア暗号化機能搭載USB3 0対応 セキュリティーUSBメモリー 8GB RUF3 HSLJ3T1clFK

日本では手書きは一般的に心がこもっていると考えるひとも多く,フォントで生成されたものより手書きされたものを好む人は多い.また,板書などにおいては手書きの方がタイピングより記憶に残りやすいことが分かっており,手書きには一定の価値がある.一方で,コンピュータを用いて手軽に作成,編集が可能な履歴書やレポートなどでも手書きが要求されることは珍しくない.そこで本研究では,受け取った人の満足度を高め,また書くひとの満足度も高める仕組みの実現を目指し,手書き文字の数式化と加重平均化によるゆらぎを導入と,手書き機械の実装を行った.ここでは,単純な加重平均化では問題があることに着目し,改良型の加重平均手法を導入した.また実験によりその可能性について検討を行い,改良型の加重平均化手法で騙しやすくなること,また機械による紙への手書きをひとが判断するのは難しいことなどを明らかにした.

BUFFALO バッファロー ハードウェア暗号化機能搭載USB3 0対応 セキュリティーUSBメモリー 8GB RUF3 HSLJ3T1clFK

BUFFALO バッファロー ハードウェア暗号化機能搭載USB3 0対応 セキュリティーUSBメモリー 8GB RUF3 HSLJ3T1clFK

Book title

情報処理学会 研究会報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

Volume

2020-HCI-186

Date of issue

2020/01/14

ISSN

2188-8760

Citation

田村 洸希, 中村 聡史. ひとを騙す手書き自動生成手法の提案と実装, 情報処理学会 研究会報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol.2020-HCI-186, No.3, pp.1-8, 2020.

東京マルイ 18才以上用ホップアップ 次世代電動ガン SCAR H ブラック エアガン エアーガン ガスガン送料無料1TJlFKc